☆労働相談カフェで不満を話してスッキリ!☆

通勤手当の遡及払いの請求を拒否されたとの相談があった。

いつものように都内のカフェで話しを聴くことになった。

以下のような話しであった。

 

1年ほど前にバス運賃が値上げしたことを届け出ないままにしていた。

以前の運賃値上げのときは、とくに届け出手続なしで通勤手当てが改訂されたこともありそのままにしていたとのことである。

いつまで待っても通勤手当ての改訂がないので、この度、給与担当者にその旨を話して届け出ることにした。

 

会社の定める通勤手当規程には、①通勤手当として実費を支給すること、とともに、②入社の際に通勤経路を届け出ること、③通勤経路の変更等があった場合はすみやかかに届け出ること、など手続についても規定されている。

給与担当者は、通勤手当の改訂は従業員からの届け出を前提にしていることを根拠に遡っての支給はできないと説明しているようである。

 

通勤手当は賃金であり、その消滅時効は2年である。

逆にいえば2年以内ならば遡って請求できる。

また、支払いの根拠は労働契約であり、本件の場合は通勤手当規程がその根拠となる。

実費を支払うとの通勤手当規程の定めからすれば、遡及払いは認められないとの給与担当者の説明は合理性がない。

 

以上の見解を相談者に説明したところ、給与担当者にもう一度話してみる。

一応すじを通してみるが、遡及する請求額は5千円程度なので、それでダメなら、あえてそれ以上争うつもりないとのことであった。

 

ちなみに、カフェでの労働相談を申し込んだ理由は、千円の相談料と自分の飲み物代の負担だけなら、労働トラブルの専門家に話しを聴いてもらい、不満を吐き出し、スッキリしたかったからのとのことである。

ほっとユニオンはそのような相談も歓迎します。(直井)

 

 

続きを読む 0 コメント

☆都内のカフェでの労働相談☆

労働相談カフェは、弁護士(裁判手続き)・社会保険労務士(あっせん手続き)・ユニオン(団体交渉手続き)など労働問題解決の専門家による労働者支援のネットワークです。

固定した相談ルームを構えて相談を受けるのではなく、相談者の指定する都内のカフェで相談に応じるという方式をとっています。

「労働相談カフェ@表参道」という名前は、表参道のおしゃれなカフェのように落ち着いた雰囲気のなかで手軽に相談に応ずるという相談カフェの理念を表現したものです。

街のカフェの活用は、相談カフェにとっては相談スペースの確保のための固定費を節約できるというメリットがあり、他方、相談者にとっても馴染みの場所で安心して相談を受けられるというメリットがあります。

 

とはいっても、相談カフェは何でも無料のボランティア団体ではありません。責任をもって相談に応じるには費用が発生します。

電話相談(ないしメール相談)は無料ですが、カフェでの対面相談では、カフェ代・交通費などの実費として一律1,000円の相談料をいただいております。

ただし、相談の結果、トラブルの解決方法として、弁護士・社労士への依頼、ユニオンへの加入など次の具体的なステップに進む場合は、相談料は頂きません。

 

カフェでの相談は、トラブル解決に向けた具体的な第一歩を踏み出すための手段・方法を一緒に考えるための相談とお考えください。

使用者に異議を申し立てることで獲得可能な利益とそのためにかかる費用・時間を説明した上で、最適な争い方を提案します。

 

労働相談カフェは単なる情報提供を目的とするのではなく、解決に向けた具体的なお手伝いをする専門家と問題解決を求める労働者とをつなぐことを目的としています。

 

 

続きを読む 0 コメント